養生医学 YOJO

shutterstock_299238830

 

養生医学。

それは世界で初めての体系だった
「脳と意識の統御の医学」。

すべての人が、自分のいのちを自分で守り支え養い、
いのちを輝かせて、人生を「生ききる」ことを目的とする。

養生医学は、
現代医学と漢方医学を基盤とし
神経可塑性とエピジェネティクスに着目し
体系化されたものである。

健常者・未病者・患者の別を問わず
健康状態と病気の経過に
自律的に自分自身が影響を及ぼす力を
手にすることを実現する。

生活習慣病、悪性腫瘍、神経難病、心身症などを
主な対象疾患群とする。

しかし、それにとどまらず
その応用範囲は極めて広いと考えられている。

中核となる「脳と意識の統御」の手法は
その部分だけを発展させて
「ブレインフルネス」
という、これまでにない自己変革と自己実現の体系を生み出した。

養生医学には3つのキー・コンセプトがある。
それは
「意識の3層構造」「脳の3軸」
「The Coherent Core of Life の自覚への3ステップ」。

「意識の3層構造」として「顕在意識」「潜在意識」、
さらに新たに「自在意識」を定義。

「脳の3軸」を臨床的に高い価値のあるものに進化・深化させて
「自己統御の試行錯誤」の過程を創造。

「The Coherent Core of Life の自覚への3ステップ」を
基本的には誰にでも達成可能なものにすることを実現。

これら「養生医学の3つのキー・コンセプト群」を原点として

「脳と意識の統御フィールド」
「日常生活の統御フィールド」
「変化のフィールド」

における望ましき変化を達成することを目的とする。

 

yojo_medicine

 

icon_taigan icon_brainfulness