HUMANBAND

activity_hb_0
 

<CONCEPT>

HUMANBAND
みんなで手をつなごう。
想いのつながりから生まれる、人のつながり。

いま、生きているということ。
それを確かめ合い、どこかの誰かを想うこと。

一人ひとりの想いが、あの空の向こうまで 届きますように。
みんなで手をつなごう。

 

<HISTORY>

2011年3月11日

東日本大震災発生。震災後、10年20年の歳月をかけてでも、祈りと感謝と、未来への想いを「カタチ」にしようというプロジェクトの集合体「POWER NEW TOHOKU」が生まれ、分野・世代を超えた人々が集まる。
 

2011年6月

亡くなったひとびとを決して忘れず、いのちあることに感謝し、復興への誓いを胸に刻むために、手をつなぎ祈ろうというプロジェクト「HUMANBAND」が創案される。同月、オンラインでの取り組み「HUMANBAND on WEB」が発信される。両手をひろげて、目を閉じ、祈る写真が日本国内外から集められ、作曲家・三枝成彰氏により提供いただいた楽曲「チェロのためのREQUIEM」とともにサイト上に流れるアートウェブサイトのプロジェクトである。
 

2011年10月

HUMANBANDをリアルに企画するプロジェクトについて、キックオフイベント「HUMANBAND Departure」が開催される。プロモーションムービーが公開され、各地での実行委員会発足が呼びかけられる。
 

2012年1月

南三陸・志津川での復興会議に、代表・亀井眞樹と呼びかけ人・奥田瑛二氏をはじめとしたプロジェクトメンバーが参加。これをきっかけに奥田瑛二氏が映画を撮り始める。「今日子と修一の場合」(2013年秋公開)


 

2012年3月11日

日の出とともに、人々が手をつなぎ、祈り、一緒に「ふるさと」を歌うことを通じて、鎮魂と復興への誓いを胸に刻もうと「HUMANBAND on Route 3.11」が開催される。青森県八戸、宮城県気仙沼、宮城県南三陸、福島県いわき市、千葉県銚子市の5カ所で、計3000人弱の人々が参加。NHK、日本テレビ、TBSほか多くのメディアで紹介され、海外からも取材される。これをきっかけに各被災地に関わる人々の人的交流が始まる。
 

2012年11月3日

リドリー・スコット監督総指揮の映画「JAPAN IN A DAY」が公開される。本編、予告編、CM、パンフレットのすべてに千葉県銚子で行われた「HUMANBAND on Route 3.11」の映像を採用される。


 

2012年12月25日

東京へのオリンピック・パラリンピック誘致を目指し、日本を元気づけるためのイベント「Cheer! NIPPON」において、会場の国立競技場と宮城県気仙沼をつなぎ、同時刻に手をつなぎ想いを届け合う、HUMANBANDが行われる。

activity_hb_2
 

2013年3月11日

本プロジェクトに共感する有志によって、被災地に限らず各地でHUMANBANDが行われる。プロジェクトメンバーで気仙沼でのHUMANBANDを開催。

activity_hb_3
 

2014年3月11日

南三陸でのHUMANBANDを開催。

activity_hb_4
activity_hb_5
 

2015年3月11日

南三陸でのHUMANBANDを開催。

activity_hb_6

 

<参加の方法>

参加に関する情報はFacebookページからご案内致します。