ABOUT

亀井 眞樹(医師・臨床思想家)

14807923_1132432120177228_1067443705_o

PROFILE

東京大学医学部医学科卒
日本内科学会認定内科医
日本神経学会認定神経内科専門医

東京大学医学部医学科在学中に
母親を子宮頚癌で亡くし、
医師になる前に癌患者の家族となり
遺族となったことが、
臨床医としての原点。

「脳と意識の統御の医学」である
養生医学 YOJO Medicine(YOJO)を創始。
すべての人が、自分のいのちを自分で守り支え養い、
いのちを輝かせて人生を生ききることを目的とする。

代々木公園診療所の第1診察室は
海外からも患者が訪れ、
その臨床力の高さから
「奇跡を起こす診療室」
と謳われる。

32歳の時から全国で医師に漢方医学を指導。

亡き母親の導きで、陳式太極拳第10代伝人で
混元太極拳を創始した「太極巨星」馮志強大師に師事し、正式弟子となる。
陳式太極拳代11代伝人。混元太極拳2代伝人。

がん・難病の方々、それを支えた方々の体験手記を
広く集め、広く共有する「いのち輝かそう大賞」を創始。
その象徴として、高野山奥の院の「不滅の聖灯」を授かる。

東日本大震災で亡くなった方々の鎮魂と祈りの
「HUMANBAND」を創始。
毎年3月11日に報道され、アカデミー賞受賞監督
リドリー・スコット制作総指揮「JAPAN IN A DAY」に取り上げられる。

小林一男氏に師事した声楽(テノール)、演劇、映画、奇術をこよなく愛する。